EVENT Photography













イベント写真を記録から

価値ある【広告】






入社式・記念式典・セミナー・展示会などの会社行事や、各種催し事の撮影は
プロのカメラマンにお任せください。





入社式・記念式典・セミナー・展示会などの会社行事や、各種催し事の撮影は
プロのカメラマンにお任せください。



各種イベント撮影





各種ビジネスイベントや展示会、入社式、歓送迎会セミナー等の企業活動から、発表会、音楽ライブやダンス等のエンターテイメントまでさまざまなイベント撮影に対応させていただきます。
時間内でしたら撮影枚数に制限はなく、撮影場所の移動も可能です。
イベント撮影を得意とするカメラマンが、ご指定の場所まで出張でお伺い致します。撮影した写真はダウンロード可能な形式にて、納品致します。
記録用写真で残すことも大切ですがさらに対外的な広報資料、広告写真としてメッセージを効果的に伝える
ために、写真素材の蓄積という重要な観点からプロのカメラマンによる撮影をご提案させていただきます。





イベント撮影をプロのカメラマンにまかせる理由

 
イベント撮影に社内のリソースを割くことができなかったり、
被写体が離れていたり暗所での撮影であったり、何かとスキルが必要です。

プロのカメラマンは毎回撮影場所が違うので、ほとんどが現場合わせ。
取材対象となる事業主様も業種も様々で、例えば子どもと触れ合うお仕事だったり、スポーツをする場所だったりと、
臨機応変ともいえる対応力やそれぞれに合ったセンスの良いアングルで切り取ることが求められます。
企業のブランディングに活用していく統一されたイメージで魅せるためには、
企業のコンセプトや魅せたいイメージに合った写真で表現する必要があります。
ブランドイメージに合うような撮影をする事が出来るのはイベント撮影をプロに頼む最大の理由です。 

より確実な写真撮影が必要な場合にはプロのカメラマンによる出張撮影をお勧めします。


こんなお悩みはございませんか?


社内で撮影する人員が確保
できない
撮影後の写真整理、対応に苦慮した
経験がある
プロのカメラマンの手配の方法が
わからない
1
一瞬の表情を残せる
写真を後で見ると不自然な笑い方だな・・・なんて硬い表情ばかりだな・・・と思ってしまったことはないでしょうか?でもご安心下さい。本来笑って下さいと言って笑える方はほとんどいません。あなたは出来なくて当たり前なのです。普通の人は笑顔を作ることはできません。プロはどうやったら自然な笑顔が引き出せるのかを知っているので一瞬の表情を残せます。また反対に緊張の場面の臨場感が伝わる硬い表情も悪くありません。プロカメラマンはその場の空気が伝わる写真に仕上げます。
ブランディングに活用できる
企業のブランディングで大切なのは一貫性。統一されたイメージで魅せるためには企業のコンセプトや魅せたいイメージに合った写真で表現する必要があります。ブランドイメージに合うような撮影をする事が出来るのはイベント撮影をプロに頼む最大の理由です。
3
後で使いやすい写真が撮れる
写真の左側のぽっかり空いたスペース。敢えてこのようにスペースを空けて撮影したりするので後で文字を入れたりバナーにしたりと活用する事ができます。イベント中、この写真がどんな風に使われるのか?何のために写真を撮るのか?を考えて撮っているので価値のある写真になります。
全員集合写真を撮れる
大人数の集合写真。沢山の人間を待たせてるので手早く撮影が必要、かと言って笑顔を引き出すのも難しい。イベントの最後に撮られることの多い大人数の集合写真は実は難しいものです。写真の技術に加えて大勢の人を前にして話すスピーチの技術がとても必要。それもまたプロの技術の見せ所です。
ブランディングに活用できる
企業のブランディングで大切なのは一貫性。統一されたイメージで魅せるためには企業のコンセプトや魅せたいイメージに合った写真で表現する必要があります。ブランドイメージに合うような撮影をする事が出来るのはイベント撮影をプロに頼む最大の理由です。

 
撮影例

撮影枚数に制限はありません。
一度の出張撮影でこれらの写真をまとめて撮ることが可能です。

撮影料金は、¥30,000-/1時間からとなります。

イベント記録
イベント記録
イベント記録
イベント記録
イベント記録



PHOTO GALLERY





写真作品紹介

撮影対象のイベント概要とタイムテーブルをカメラマンと共有する

イベントの写真撮影を依頼する際には、
当日のタイムテーブルなど、情報を伝えておくことが大切です。
カメラの機材やその日の服装などもそれらの情報を元にカメラマンは判断しますので、
実は非常に重要な情報なのです。

・当日のイベント名
・イベントのURLや招待状などの資料
・来場者層
・当日の簡易的なタイムテーブル

これらの情報で、当日の撮り方や指定がなければカメラマンが自身の服装を判断して、出張撮影前の準備をします。
タイムテーブルに関しては詳細なものは必要ありません。
あくまでも来場者に配る程度の式次第で十分です。

写真の使用用途を明確化する

写真撮影が必要なイベントの種類となると、各種発表会やセミナー、パーティなど様々ですが、
出張撮影当日2日前までに「どのような媒体に使うのか」「何のために必要なのか」
ということを【撮影リクエスト表】にてお伝えてください。

一言でイベント写真と言っても、
撮影後すぐにマスコミ各社に配信しなければいけない写真であったり、
社内記録として使うためまんべんなく撮って欲しい、
プレゼンテーション中の写真をそのままプロフィール写真として使いたい、
等様々な用途によって、撮り方が変わってきます。

例えば表彰式の撮影では、主催者がのオフィシャル写真(公式記録及び社会報告、各メディア配布用等に使用されることが多い)と第三者の取材としての写真とは撮り方が全く違います。

写真撮影時の「お願い」を決めておく

きれいな写真を撮るためのフラッシュと、イベント進行の品質はときに相反することがあります。
「厳かな催し物のため、フラッシュを焚かないでほしい」
セミナーの登壇者さんによっては「気が散るからフラッシュやシャッター音も最小限にしてほしい」と言われる場合があります。

写真は光がなければ撮れません。人間の目は非常に優秀なので、肉眼では明るく見えても、カメラにとっては真っ暗ということは良くあります。
その場合、光を足すためにフラッシュが必要になるのですが、高感度で撮影できる機種を導入することで、できるだけフラッシュの光量を弱める(ノンフラッシュで撮影する)対応が可能になる場合があります。

通常カメラ機材はシャッターを押して、写真を撮影します。
しかしカメラの静音モードを搭載した機種や、ミラーレスカメラの場合はシャッターを下ろすことなく写真撮影できる機種も出てきました。

また、カメラマンが当日入っていい場所であったり、「この写真は必ず必要」という情報に関しても、一般開場前に確認しておきますと当日の流れがスムーズになることでしょう。
撮影をスムーズに行なうために撮影場所の確保撮影時に不要なポスターや飾り物などの撤去、オフィス内であれば室内の清掃、屋外であれば建物近くの駐車車両の移動など、事前にご準備をお願いします。撮影時間屋外での撮影がある場合、太陽の位置や影を考慮して撮影時間をお決めください。現場での電源確保照明やチェックに使用するPC用に、複数箇所の電源をご用意ください。衣装の確認人物を撮影する場合、撮影用にシワのない衣装をご用意いただけますと写りがよくなります。

撮影までの流れ

STEP 1 写真撮影費 見積もり・相談
「お見積もりフォーム」に必要事項を記入しご連絡ください。いただいたご連絡については基本的に24時間以内に担当者からメールにてご返信を致します。

STEP 2 出張撮影 依頼

お電話やメールにて撮影内容の確認、お見積額の最終決定をいたします。
撮影依頼となりましたら、メールにて「撮影依頼」のご連絡を頂き、カメラマンのスケジュール確保とさせていただきます。
出張撮影当日の担当カメラマンの連絡先をこの時点でお渡しさせていただきますので直接撮影の打ち合わせも可能となります。
また撮影依頼が確定したお客様には、【撮影リクエスト表】を添付いたします。2日前まで、ご記入の上ご返信ください。

※この時点から「キャンセル料」「延期手数料」が発生します。

STEP 3 出張撮影 当日
ご指定の日時・場所に、担当カメラマンがお伺い致します。
当日簡単な打ち合わせ・セッティングの後(10分〜15分程度)、写真撮影に入ります。
(背景紙のセッティングは、カメラと照明と合わせ、30分弱が目安となります)
STEP 4 写真撮影費 振り込み
撮影後すぐに請求書を発送します。
銀行振込にて請求書発行日より一週間以内にお支払いください。

STEP 5 写真データ納品
撮影費の着金確認次第、すぐに写真データをお送りいたします。納品はファイルをダウンロードいただく形式となりますが、 CD-R又はDVDなどをご希望の場合は、事前にお問い合わせください。
STEP 1 写真撮影費 見積もり・相談
「お見積もりフォーム」に必要事項を記入しご連絡ください。いただいたご連絡については基本的に24時間以内に担当者からメールにてご返信を致します。

電話で直接お問い合わせ
080-4360-1566